PB(プライベートブランド)探索記

身近なPB(プライベートブランド)商品”トップバリュー”や”コープ商品”などのおすすめを独断と偏見で紹介します。

うなぎ蒲焼

今日の一品は

トップバリュ鹿児島県産うなぎ蒲焼です。

 

夏の風物詩はたくさんありますが、ちょっと贅沢においしいうなぎをいただく「土用の丑の日」もその一つですね。

二十四節季に基づいて、その年によって変わる”土用の丑の日”、四季ごとに土用があるため”土用の丑の日”を意味する言葉として使われているようです。

また、その年によって土用の丑の日が2回ある年もあるようで、どちらの日にうなぎを食べるのかは決まっていないとのことですが、2回もうなぎを食べてはわが家の食費は、赤字になりそうです。

しかも、うなぎは国産、外国産(中国・台湾)で値段が大きく違うところも、選ぶ際に頭を悩ませるところでもあります。

選択に迷うそのうなぎですが、今回は抗生物質・合成抗菌剤を使用せず育てられた”トップバリュの鹿児島県産の蒲焼”を紹介したいと思います。

f:id:PBseek:20210706105908j:plain

このうなぎトップバリュの”グリーンアイ”の商品のため、健康や環境に配慮された商品となっています。エサや生育環境にも配慮がされているため、安心・安全に食べられる商品といえるのではないでしょうか。

f:id:PBseek:20210706111108j:plain

しかも、真空パックされた商品のため、鮮度が一定に保たれ日持ちもするところもいいところです。ふっくらとしてやわらかく、甘じょうゆが香ばしい、うなぎのおいしさを存分に味わえます。

付属の焼きダレにも保存料・着色料を使用していないという配慮がされています。

 

お値段は少々高めですが、食の安全や安心に興味のある方はぜひ一度”トップバリュ・グリーンアイの鹿児島県産うなぎの蒲焼”を購入してみてはいかがでしょうか。

 

1パック   1598円(税込み)

*価格は2021年7月現在の店頭価格です。

七輪のようにふわっとおいしく魚が焼けると評判のグリルです。うなぎもこのグリルで温めれば、高級店のようなおいしさになるかもしれません。