PB(プライベートブランド)探索記

身近なPB(プライベートブランド)商品”トップバリュー”や”コープ商品”などのおすすめを独断と偏見で紹介します。

盛岡冷麺

今日の一品はCO-OP盛岡冷麵です。

 

「盛岡冷麵」の名前は有名ですが、その由来はあまり知られていないのではないでしょうか。

朝鮮北部出身の在日朝鮮人、楊さんという方が、盛岡で故郷の味である冷麺をお店で出したことが始まりで、本場のそば粉を混ぜた茶色い麵を小麦粉を使った半透明の麵に変えるなど、日本向けに改良を重ねたものが盛岡冷麵だということです。

また、具材もキムチ、牛肉チャーシュー、ゆで卵に三杯酢きゅうりなど盛岡の自然から取れた食材を使って食べやすい工夫がされ、辛みのあるスープに合わせて現在の”盛岡冷麵”になったということです。

そのコシが強く、辛みの強さがおいしい盛岡冷麺を家でも調理できるのがこの”コープの盛岡冷麵”です。

f:id:PBseek:20210623102600j:plain

中には、コシがあって透明感のある生麵とスープ、辛みの素が2食分入っています。

生・中華麺は、スーパーなどで手に入りやすい食材ですが、生・冷麺とはちょっと珍しい気がします。

f:id:PBseek:20210623102836j:plain

 麵を熱湯で2分茹でてから冷水で洗い、スープに冷水を加えてのばしてから盛り付けをして、辛みの素を加えれば出来上がりです。

f:id:PBseek:20210623140046j:plain

家にあった野菜を添えてみましたが、キムチやチャーシュー、ゆで卵などをのせれば本格感が出て、ますますおいしくいただけそうです。

 

辛みが調節できる”盛岡冷麺”焼肉あとの〆にも、お好みの具材で楽しんでみませんか。

 

1袋  160g×2食入り  300円(税込み)

*価格は2021年8月現在の店頭価格です。

ラーメン屋さんの半熟卵ができる⁉ゆで卵メーカーです。温泉卵もできるとあっては興味津々です。