PB(プライベートブランド)探索記

身近なPB(プライベートブランド)商品”トップバリュー”や”コープ商品”などのおすすめを独断と偏見で紹介します。

北海道クリームチーズ

今日の一品はCO-OP北海道クリームチーズです。

 

いろいろなタイプのおいしいチーズが販売されていますが、クリームチーズがどのように作られ、他のチーズとどこが違うのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

まず、クリームチーズは加熱せずに作られる「フレッシュチーズ」に分類されます。生乳と生クリームを合わせたものに乳酸菌を加え、固めたものからホエイ(乳清)を取り除いて作られるやわらかいチーズです。

イギリスが発祥ではないかとされていますが、水分が多く保存が難しかったため19世紀後半にアメリカで四角いチーズとして販売された後、製造方法や規格が統一され一般的なチーズとして普及したようです。

今では、お菓子から料理にまで幅広く使われる”クリームチーズ”。たくさんの種類が販売されていますが、プライベートブランド(PB)商品の中から、国産素材にこだわったコープの”北海道クリームチーズを紹介したいと思います。

f:id:PBseek:20210714104336j:plain

国産メーカー、アメリカ、フランスなどの海外メーカーから、それぞれ個性的なクリームチーズが販売されていますが、この北海道クリームチーズはとてもさっぱりとした上品なおいしさがあります。

f:id:PBseek:20210714105232j:plain

白くて、適度な固さのあるクリームチーズで、見た目もきれいです。

海外ブランドにくらべると、チーズの濃厚さがやや弱い印象かもしれませんが、主張しすぎないおいしさが料理などにはよく合うような気がします。

また、国産素材、安定剤・保存料不使用であるところも安心して食べられる良い点です。

話は変わって、突然私事ですが、以前、職場の先輩がクリームチーズとアボカド、トマト、クラッカーを使った”カナッペ”を作ってくれたことがありました。あまりのオシャレさとおいしさに衝撃を受け、ばくばく食べてしまったという経験があります。

ケーキなどのスイーツだけではなく料理にもよく合うのだという、うれしい驚きの発見でした。本当においしかった…

 

たくさんのクリームチーズを使ったレシピが紹介されいるいま、クリームチーズを使ってお菓子に限らず、新しい料理にもチャレンジしてみませんか。

 

1パック  200g  483円(税込み)

*価格は2021年9月現在の店頭価格です。